変形性ひざ関節症

立ち上がる時に痛みを感じたら要注意

50代のおよそ半数近くの人が膝の痛みを感じています。

 

最初は、立ち上がったり、動き始めるときに痛みを感じるのですが、すぐに痛みがなくなるので、つい、そのままにしていることが多いもの。

 

でも、本当は変形性膝関節症が潜んでいることがあるのです。膝の痛みの中でも変形性膝関節症が最も多いとされています。整形外科にかかる人の中では、腰痛に次いで第2位と言われています。

変形性ひざ関節症とは

症状

男女比では1:4と女性は男性の4倍も多くみられます。高齢者になるほど発症する人が多くなります。

 

主な症状は、膝の痛みと水がたまること。初期には、立ち上がったときや歩きはじめのときなど動作を始めるときに痛みを感じますが、すぐに痛みはなくなります(初期)。

 

それが進むと、正座や階段の昇り降りが困難となり(中期)、そのうち、寝ているときや安静にしているときにも痛みがとれなくなります。そして、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。こうなると末期です。

 

原因

骨折や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがありますが、そういったことがなければ、膝関節の軟骨がすり減っていることが原因です。軟骨がすり減ると骨同士が直接あたり、痛みを感じるわけです。

 

どういう人が発症しやすいか

変形性膝関節症になりやすいのは、

  • 体幹や太ももの筋力が弱い人
  • 肥満の人
  • O脚の人

です。

 

詳しく見てみましょう。